FC2ブログ

ホッキョクグマ物語~2~

 スカイと母親は雪に打たれながら歩いた。
「かあさん、 つかれた。。。」
 スカイは泣いた。 座り込み、ふと頭上を見た。 不思議な物体がソラに浮いている。
「母さん、何あれ?」
 スカイが聞いた時にはもう母熊に抱えられ、走っていた。
「あれはね、恐ろしいものよ。未来、見たら逃げなさい。」
 母熊の白い毛が風に吹かれている。
「スカイ、忘れないで。 私はあなたを愛してる。」
「母さん、何言ってるの?」
 と、スカイが聞いた。 
ダーンンンン 
と言う恐ろしい音が氷の上をこだました。 母熊は倒れてしまった。 血が氷のうえを這う。 あのソラ飛ぶ物体は山の後ろに消えた。 
 「かあ。。。サン?」
スカイは恐る恐る母の下から這い出た。 母熊の目は二度と開かなかった。

Sky walked with his mother as the snow beat on them.
"Mother, I'm tired...."
Sky cried. He sat down, and looked up. Some thing was flying in the sky.
"Mother, what is that?"
By the time he had asked, his mother had him and was running.
"That is a fearful thing. If you see that in the future, run."
The mother bears white fur was gleaming.
"Sky, don't forget. I love you."
"Mother, what are you saying?"
Sky asked.
Bang!
The dreaded sound echoed on the ice. The mother bear fell. The blood spread ont he ice. The flying object dissapeared behind the mountains.
"M...Mother?"
Sky asked as he crawled out from underneath his mother. The mother bear never opened her eyes again.
 
スポンサーサイト



ホッキョクグマ物語~1~

 その白熊は母が冬眠中生まれた。冬眠がようやく終わり、洞窟から恐々と出た。
 「母さん、本当に外は大丈夫なの?」
 小熊はきょろきょろしながらきいた。
 「。。。ほとんどはね。 スカイ、多分大丈夫よ。」
 母熊はにっこり笑った。スカイは母を信じることに決めた。

That polar bear cub was born while his mother was hibernating. Finally out of her long sleep, she crawled out nervosly.
"mother, is it really safe out side?"
The cub asked as he looked around.
"...Mostly. Sky, it'll be OK."
The mother bear smiled. Sky decided to believe his mother.

 
プロフィール

動物マニア

Author:動物マニア
こんにちわ、アニマです! アメリカに住んでます!(じさ:17時間)
趣味は漫画の読み書き、後、犬をなでるなど。 コメントも、リンク追加も、お気軽に♪ 

エース☆ブログペット
アニマの木
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
初音ミク パーツ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる